障害者年金をもらって生きている今の自分

34歳の男性です。
先天性の発達障害があることが27歳のときに初めてわかり、それ以降、障害者年金をもらって生活しています。

お小遣い稼ぎのためネット上で記事を書いて収入を得ており、一応、肩書は「Webライター」です。

年金は精神2級で、有り体にいうと月10万5千円とけっこうな額をもらっています。

現在は両親及び弟と同居であり、フルタイムの仕事をしていない障害者という身分ではありますがこちらから月3万円生活費を入れて生活しています。

生活は成り立っており、ライターの仕事も楽しく、またお小遣いはやや少ないですが月に2~3回は飲みにいったり都内に遊びにいくことができて、
メンタルも安定し楽しい毎日です。

しかし、この年金をもらっているというのが人に言いづらく、自分のことを話すときに躊躇してしまいます。
一応、「障害者なので役所から援助してもらっている」という風に、ちょっと言葉を濁しています。

私と同じく精神障害を持っていたりうつ病に悩む友達にはありのままを話せますが、社会人をやっている友達には素性をなかなか話せません。
現状に甘えている、働け、と言われてしまいそうで不安です。

特に、一番長く付き合っている友人がちょっと厄介で、プー太郎状態から結婚し、30代で家を建てた勝ち組サラリーマンになった経歴を持つ成り上がりのような人なので、
一番深い関係であるにも関わらず自分の本性をずっと話せずにいて悩んでいます。

昭和っぽい思考で、努力や精神論が好きで、私は逆にそういうのが苦手な人間なので、もっと努力しろ、と強要されたら大きなストレスになりそうです。
昔サラリーマンをやっていたときは、飲みに行って一晩中甘いと説教されたことも実際にあります…。

解決策として、Webライターを頑張ってるよ!とアピールしてみようと考えています。
しかし収入は月1万円程度であり、とても本業と言えるものではないので、この考えを受け入れてくれるかはまだわかりません。
でも本音としては、やはり年金をもらっていることを吐露して、それを理解してもらいたいですね。
うまくタイミングを掴んで、話せる機会を伺ってみたいです。